はじめに

(image by amanaimages)

肌のトラブルは年齡によるものだけではありません。普段の不規則な生活が体の老化を早めてしまう事実があることを知っていますか?「糖化」という現象はその最もわかりやすい事例です。

身体の糖化が進むと美容的な面以外にもいろいろなトラブルがでてきます。自分はまだ若いし、と思っている人も今のうちからきちんとした生活を心がけ不用意に老化を早めないようにしたいですね。

まず糖化って何?

(image by amanaimages)

糖化の仕組み

糖化とは元々人体にあるタンパク質と食事で摂取した糖質とが結合したものが体内に蓄積させてしまうことをいいます。これが蓄積することによってシミやシワなどの様々な老化現象を早めることにつながっていきます。

人は年齡を重ねるとどんな人でも糖化していきます。しかし、若い頃から糖化三昧の生活を送っていると普通の人よりも早くに老化が始まってしまいます。

こんな人は要注意!

以下の項目に当てはまる人は要注意です。

  • 間食に甘いものを食べることが多い
  • 炭水化物が好き
  • ジュースをよく飲む
  • 野菜はあまり好きではない
  • 夜食が多い
  • 早食い
  • 運動を余りしない
糖化の最も大きな原因は糖分のとりすぎです。

体が糖化すると起こること

(image by amanaimages)

老化を促進

年を重ねることで代謝やホルモンの分泌が低下してきます。このような状態で糖化が進むと老化現象の侵攻を加速させることになります。糖化による老化が進むと次のような病気のリスクが高まります。

  • 糖尿病
  • 白内障
  • アルツハイマー
  • 動脈硬化
  • 骨粗しょう症

美容にも悪影響

糖化したタンパク質は硬く褐色化しています。それにより肌の色がくすんで見えたり黄色くなったりします。これがいわゆる肌が糖化した、という状態です。

肌が糖化したときの症状には次のようなものがあります。

  • キメが荒くなる
  • シワ
  • くすみ
  • たるみ
  • カサつき
  • ゴワつき

女性にとっては恐ろしいものばかりですね。

糖化を防ぐ方法

(image by amanaimages)

糖化したタンパク質は分解できない

今の科学技術では糖化してしまったタンパク質を分解することはできません。そのため日頃から糖化の予防を心がけることが大切になっていきます。

基本は食生活の改善と運動

身体の糖化を防ぐにはそれなりの節制が必要になります。だからといって、なにか難しいことをするのではなく、世間でいつも言われていることをやればいいのです。では改めて次の項目を確認してみましょう。

  • 肉やバターなどの食べ過ぎに注意する
  • 揚げ物にあまり手をださない
  • 野菜を摂取するようにする
  • 日頃から運動をする

聞いたことのある指摘ばかりですね。あとは自分の意思を強くもつだけです。

おわりに

ついつい楽な方に流れてしまいがちな毎日ですが、自分の健康のためにもできるだけのことはやりたいですね。