はじめに

水着を着るシーズンになると、足や腕だけでなく、背中の毛も気になるもの。ここでは除毛クリームで簡単に背中のむだ毛をきれいにする方法をご紹介します。

処理をするタイミング

著者の場合、気になるほどのむだ毛ではないのですが、海水浴やプールなど水着を着る機会がある場合の数日前に行う事が多いです。

他にも背中の空いた服などを着る機会がある方や、日ごろからむだ毛が気になるはご自身の毛の生える頻度によって行うと良いでしょう。

除毛クリームを塗った後には洗い流す必要があるので、入浴前などについでに行うと、楽だと思います。

用意するもの

  • 除毛クリーム
  • 背中に届くゴムべラ等(キッチンで使用するもので大丈夫です)
  • シャワー
  • 髪をまとめるもの(クリップやヘアターバン等髪をアップに纏められるもの)
  • ボディクリーム
  • 鏡(洗面所や風呂場の鏡と手鏡)
ゴムベラは、使用前に念のため除毛クリームで変質したりしないか、少しクリームを塗って確かめてみましょう。また、使用後はきれいに洗いましょう。

除毛する方法

STEP1:背中に除毛クリームを塗る

洗面所やお風呂場などの鏡に背中を映し、更に手鏡でそれが見える状態で、ゴムベラ等を使い、背中の毛が隠れる厚さに除毛クリームを塗っていきます。

除毛クリームが髪につくと、髪が切れる等のトラブルの元になります。髪が背中にかかる程の長さの方は、必ず、クリップやターバンで背中に髪がかからないようにまとめておきましょう。

STEP2:シャワーで洗い流す

除毛クリームを塗ってから数分放置後、除毛クリームをシャワーできれいに洗い流します。

除毛クリームの種類にもよりますが、大体ぬるぬる感がなくなればきれいにクリームが除去されています。

除毛クリームの放置時間は使用する製品の注意書きに従いましょう。腕や足などの除毛クリームを使用する場合、背中の毛は大抵それらの毛より柔らかく除毛しやすい為、本来の放置時間より短くする等、工夫をします。
目安としては、毛が縮れてきたり、試しに一部分のクリームをティッシュなど拭いてみて、除毛できれば、洗い流して大丈夫な状態です。

STEP3:ボディークリームで保湿をする

クリームをしっかり洗い流したのを確認したら、水分を拭き取りボディクリームなどでしっかりと保湿をします。

除毛クリームを使用する時の注意点

腕や足などに使用する除毛クリームを使用する場合、その他の場所に使用しない等の注意書きが書かれている場合には安易に使用するのはやめましょう。

また、毛だけではなく肌にもクリームが触れる為、初めて使用するクリームは必ず肌に影響がないかどうか、パッチテストを行いましょう。

肌に異常が現われた場合にはただちに使用するのを中止しましょう。

どのくらいきれいになるのか

この方法を使用するとあっという間に背中のうぶ毛がなくなりつるつるの背中になります。

慣れないうちは除毛クリームを塗るのに手間どる方もいらっしゃるかもしれませんが、慣れてくると、使用する除毛クリームの置き時間などにもよりますが、5分から10分程度ですべすべの背中になります。

海水浴やプールに行く予定のある方は数日前に済ませる方が良いでしょう。除毛クリームである程度背中の角質が除去される為、海水やプールの塩素の入った水が刺激になるのを避ける為です。

おわりに

背中は手が届きにくく、処理が難しいとお考えの方も、このような方法で簡単に背中の除毛が可能です。

背中の毛が気になってなかなか水着が着れない方、今年の夏は是非とも大胆な水着にもチャレンジしてみませんか。

(image by amanaimages)

(image by 著者)